MENU

いちご鼻ナビ

目次

 

Duoクレンジングパーム

 

いちご鼻の改善方法とは?

 

>いちご鼻の改善方法

一度、いちご鼻になるとなかなか治りませんよね。

 

少しずつでも元の状態に戻したいという方におすすめの改善方法をご紹介します。即効性があると言われているのは、オロナインを塗る方法やニベアクリームでパックする方法などです。角栓を取り除くためには良いのかも知れませんが、開いた毛穴はなかなか閉じないでしょう。

 

イチゴ鼻

角栓を取ったとしても、毛穴がキュッと引き締まった状態にならなければ、いつまで経ってもいちご鼻の根本的な解決には結びつきません。最も望ましいいちご鼻の改善方法は、適切な「洗顔」と「保湿」なのです。女性の場合には、「クレンジング」も洗顔とは別に大切になります。クレンジングも洗顔も保湿もやっているのにいちご鼻になるという女性も多いと思います。しっかりやっているつもりでも、どこかに落とし穴があるからいちご鼻になるのです。

 

例えば、洗顔やクレンジングは、洗浄力が強くて肌に残りやすい合成界面活性剤の入ったタイプを使ってはいないでしょうか。

 

>いちご鼻の改善方法

洗顔フォームを使ってガッツリ朝晩洗顔して、洗顔後はお肌が突っ張ってしょうがないというような洗い方をしていませんか。洗い過ぎは乾燥の原因になり、いちご鼻になり易くなります。潤いを残してくれる洗顔石鹸に切り替えて、朝は水で洗うのみにして夜だけクレンジングと洗顔石鹸を使うのがおススメです。クレンジングは、汚れ落ちが悪くて余分に摩擦を与えてはいないでしょうか。

 

イチゴ鼻

クレンジングも選び方によっては、乾燥の原因になるので気を付けましょう。ローションや美容液、乳液などの基礎化粧品は、保湿力の高いタイプを選びましょう。時々、ピーリングジェルを使って、日頃、蓄積している角質を取り除くこともいちご鼻の改善につながります。

 

いちご鼻の具体的な治し方とは?

 

いちご鼻の具体的な治し方

いちご鼻の具体的な治し方としては、正しい洗顔、保湿に加えてピーリングがおススメです。洗顔は合成界面活性剤の入っていない、天然成分で出来た固形の洗顔石鹸がおススメです。きめの細かい泡を作り、こすらずに泡で優しく洗い、ひと肌より低めのぬるま湯でよくすすぎます。

 

イチゴ鼻

大人の女性は乾燥肌の人が多いので、化粧水、美容液、乳液などで適切な保湿を行います。ピーリングジェルは、肌がゴワゴワしてきたときに月に数回程度行うと、毛穴に詰まったメイクや汚れが取れてツルツルのお肌になります。適切な洗顔と保湿を繰り返しているうちに、いちご鼻は解消されるケースも多いです。

 

ホームケアでは治らないという場合には、美容クリニックや美容皮膚科などで治療を受けるという方法もあります。

 

いちご鼻の具体的な治し方

レーザー治療やケミカルピーリング、ビタミン剤など医師やクリニックによっても治療法が異なります。特にレーザー治療は、即効性と確実性があるため、少し高めに費用がかかっても確実に治したいという方にはお勧めです。いちご鼻にすごく悩んでいた女性も、あっという間に毛穴が目立たなくなります。

 

美容クリニックで治療したとしても、日頃のスキンケアがしっかりできていないと、またいちご鼻になる原因を作ってしまいます。疲れていてもしっかりメイクを落として寝ることも大切ですし、ビタミンやミネラルをしっかり摂取することも大切です。

 

また、お肌のゴールデンタイムという言葉がありますが、寝始めてから3時間は起きないように質の高い睡眠を取りましょう。お肌のターンオーバーを最適にすれば、いちご鼻を治すのにも役立ちます。

 

いちご鼻をニベアでの治し方とは?

 

いちご鼻の具体的な治し方

ニベアと言えば、コンビニやドラッグストアなどで売っているとても身近なハンドクリームですよね。最近は、ニベアの効果がすごいと言われていて、ヘアケアやスキンケア、家具の艶出しにまで使われているんです。安くても優秀なニベアを使っていちご鼻を治す方法についてご紹介します。

 

入浴前に鼻の毛穴が目立つ部分に厚くニベアを塗ります。鼻周辺に毛穴が目立つ部分が広がっていれば、そこまで塗りましょう。塗り終わったら塗った部分にラップを貼って、浴槽につかり、毛穴が開くように蒸した状態にします。

 

イチゴ鼻

しばらく放置したら、洗顔をするだけの簡単な方法です。ニベアの油脂分に毛穴に詰まった角栓が混じって取り除くことができます。

ニベアはハンドクリーム以外にも色んな使い道がありますから、大缶を購入しておくと便利です。ドラッグストアに行けば、500円もしない価格で大きいサイズが購入できます。

 

髪の毛にヘアワックスを付けると顔や背中が痒くなるという人は、ニベアを代用に使うのもお勧めです。いちご鼻もニベアなら、炎症を起こす心配も無く安心してパックすることができます。同じような方法にオロナインを塗る方法や、アルガンオイル、オリーブオイルなどのオイルを塗るという方法もあります。

 

イチゴ鼻

ニベアなら、どこの家庭にもある場合が多いので、急に思い立ってもできるという点も良いですね。一度ではなく、角栓が目立ってきたなと思ったら定期的にニベアパックをするのがおススメです。毛穴が開いたままの場合には、最後に冷水で洗って締めたり、しっかりと保湿するのがおススメです。

 

いちご鼻を治すためのおすすめ洗顔料とは

 

いちご鼻

いちご鼻になってしまった原因の一つに、合成界面活性剤が含まれている洗顔フォームを使っていたというのも考えられます。合成界面活性剤が含まれている洗顔フォームで洗顔をすると、洗浄力が強すぎるためにとても肌が乾燥します。また、肌に成分が残りやすく、肌に悪影響を及ぼします。

 

イチゴ鼻

合成界面活性剤は、成分名は異なり合成界面活性剤とは書いていません。カタカナの成分表記に慣れ過ぎて、何も感じなくなっている方も多いでしょう。しかし長年、肌が突っ張っても「こんなものだ」と思って使い続けたことでいちご鼻が加速したとも考えられます。

 

洗顔料を選ぶのはとても大切なことですから、分からない成分はネットで調べてみるなどもお勧めです。

 

いちご鼻

乾燥は、いちご肌の大敵ですから、潤いを残して洗い上げる天然成分の洗顔石鹸がおススメです。洗顔石鹸の主成分は、植物ですし、石油系の合成界面活性剤は使われていないことがほとんどです。

 

すすぎがしやすく、泡切れも良いのが特徴で、サッパリした洗いあがりなのに、突っ張らないメリットがあります。角栓が詰まったいちご肌なら、泥成分や炭など角栓を吸着するような成分が配合された洗顔石鹸もお勧めです。泡切れが良くて洗い上がりがしっとりして突っ張らない洗顔石鹸を選びましょう。

 

通販などでお試し用の小さいタイプや初回限定で割引がある商品を試しに買ってみるのも良いでしょう。使用感が自分に合っている洗顔料を選びましょう。

 

オリーブオイルでできるいちご鼻の治し方

 

いちご鼻

いちご鼻をなんとかしたいと思った時、台所にあるアレで簡単に治すことができます。イタリアンを作るときなどに使うオリーブオイルです。

 

イチゴ鼻

使ったことのない方は、「えっ、食用油を体に塗るの?」と思うかもしれません。でも、オリーブオイルを使ってヘアケアやボディケアをしている方も結構いるので安心です。やり方ですが、鼻にオリーブオイルを塗ってマッサージして洗い流すという簡単な流れです。指の腹を使って塗っても良いですし、綿棒で塗るという方法もあります。

 

指の腹を使う場合は、爪を立てて皮膚を傷つけないようにしましょう。爪を立てて無理に角栓を取ろうとすると、皮膚に傷がついて炎症を起こしたり、繰り返すとシミのリスクが高まります。

 

いちご鼻

綿棒の場合にも、強くこすり過ぎないように横から毛穴を押して角栓を押し出したり、優しくローリングさせたりしましょう。角栓がオリーブオイルに混じり合って溶け出すので、しばらくマッサージしたらぬるま湯と泡洗顔で洗い流しましょう。洗い流す際には、洗顔フォームではなく、洗顔石鹸がおススメです。

 

なぜなら、洗顔フォームは、合成界面活性剤が含まれている為、すすいでも残りやすく肌が乾燥したりいちご鼻の原因になるからです。洗顔石鹸は、基本的に植物性なのでお肌に優しく洗い上がりがしっとりして肌にも残りません。泡立てた洗顔料で鼻をマッサージしたら人肌よりぬるめのぬるま湯でしっかりすすぎましょう。

 

オロナインでできるいちご鼻の治し方

 

いちご鼻

オロナインでできるいちご鼻の治し方はとても簡単に実践できます。オロナインH軟膏は、チューブに入った白い軟膏で、ニキビや吹き出物、やけど、あかぎれ、水虫、傷、たむしなどに効果があるお薬です。

 

イチゴ鼻

いちご鼻にオロナインを塗ってパックをすることで、毛穴に詰まった皮脂汚れを溶かしだすという方法です。まずは、泡洗顔をして顔や鼻部分についている汚れを取り除き、タオルドライします。

 

泡洗顔は、なるべく洗顔フォームを使わずに洗顔石鹸を使うのがおススメです。洗顔フォームは、石油系界面活性剤などの添加物が多く、肌に残り易かったり乾燥肌になったり、お勧めできません。鼻の毛穴が気になる部分にオロナインを白く見えるくらい、厚く塗ります。

 

いちご鼻

10分くらい放置して蒸らしたら、ぬるま湯ですすぎます。実践している人の中には、さらにシート状の毛穴パックをやっている方もいます。確かに毛穴パックは、角栓が取れるのが直接目で見れるので気持ちが良いです。

 

ただ、角栓だけではなく、周りの皮脂も剥ぎ取られてしまうので、気になる方はやめた方が良いでしょう。オロナインを使った後に、毛穴シートパックを使うなら、角栓を取った後に毛穴を引き締めないと悪化します。

 

オロナインを流し終わった後に、毛穴の開きが気になるようであれば、保冷剤や氷などを使って毛穴を引き締めるという方法もあります。女性なら、冷たい化粧水をつけるというのも引き締め効果につながります。

 

簡単にできるいちご鼻の治し方

 

いちご鼻

いちご鼻を本格的に治すとしたら、美容皮膚科に行って数万円のレーザー治療を受けるなんてこともできます。でも、実際には、美容クリニックなんて行っていられない、なんとか自宅で出来る方法は無いかと思っている人が圧倒的でしょう。そこで、自宅にあるもので簡単にいちご鼻を治せる方法をいくつかご紹介します。

 

イチゴ鼻

使うものは、オロナイン、ニベアクリーム、オリーブオイル、アルガンオイルなど油性のもので肌につけても安心なものです。いちご鼻になる原因は、皮脂の過剰分泌や乾燥などですが、毛穴の中に皮脂やメイク汚れなどが詰まった状態になっています。前述した油性のグッズを使って毛穴の中の汚れを溶かしだすという感じの治し方になります。

 

やり方は、鼻に塗って優しくマッサージをしてしばらく置いて洗い流すだけです。

 

いちご鼻

それぞれ少しずつやり方が違って、ニベアクリームの場合にはラップを上から貼って入浴して10分程度放置します。お風呂を出る前にぬるま湯で洗い流すというのがニベアクリームパックです。オロナインやオリーブオイル、アルガンオイルは、指で塗って洗い流すという感じです。

 

イチゴ鼻

オイルは綿棒で角栓を押し出すという方法もあります。中に詰まっている角栓を出したら、毛穴を引き締めることも大切です。毛穴が開く原因は、皮脂の過剰分泌でいつも毛穴が開いている状態になってしまったことが考えられます。乾燥肌の女性の場合、毛穴の周囲の肌が乾燥で硬くなって閉じなくなるということも考えられます。

 

洗顔の終わりに冷水を使う、冷たい化粧水で引き締める、保冷剤や氷を鼻に当てるなどの引き締め方法があります。また、女性の場合には普段の保湿ケアをしっかり行うことで毛穴が柔らかくなるため、地道に保湿を行いましょう。

 

男のいちご鼻の治し方とは?

 

いちご鼻

男性のいちご鼻の原因は、皮脂の過剰分泌が主な原因になります。皮脂の過剰分泌が起きると、いつも毛穴から脂が出ているので毛穴は開きっぱなしになります。毛穴が開きっぱなしになることで、汚れや細菌が入り込みやすく皮脂と混ざり合って角栓になります。

 

イチゴ鼻

汚れが混じり合って酸化すると黒っぽい角栓になり、鼻全体がくすんで見えるでしょう。見た目ですでに毛穴が皮脂で盛り上がっていたり、指で毛穴を押すと、ニュルッと角栓が出てくる男性さえいると思います。

 

そこで、男のいちご鼻の治し方をご紹介します。ニベア、オロナイン、オリーブオイルやアルガンオイルなど自宅にあるものを使ってケアをしましょう。どれも塗って放置してぬるま湯で洗い流すだけです。

 

ニベアは塗った後にラップをして入浴して発汗するというのがやり方のようです。湯分と毛穴の中の脂汚れが混じり合って溶け出すというイメージです。角栓が取れても、毛穴が開いているという場合には、洗顔後、水で引き締めたり、保冷剤などを使って冷やすのも効果的です。

 

普段のケアは、チューブに入った洗顔フォームではなく、洗顔用の固形石鹸がおススメです。洗顔フォームは石油系界面活性剤が含まれていて、いちご鼻に悪影響が懸念されます。

 

イチゴ鼻洗顔用固形石鹸は、ほとんどが植物由来の成分なので安心して使えます。普段から、オイリー肌にならないように揚げ物やジャンクフードは控えめにして煮物などの和食中心の食生活がおススメです。刺激物や甘いものも肌に悪影響なので、控えめにして食べ過ぎには注意しましょう。

 

綿棒でできるいちご鼻の治し方

 

いちご鼻

綿棒を使って簡単にできるブツブツないちご鼻の治し方についてご紹介します。まず、洗顔をしていつもの基礎化粧品などを使ってケアしておきます。手で鼻全体にやブツブツが気になる部分までオイルを塗っておきます。綿棒で毛穴を横から推したり、優しく転がして毛穴の中に詰まっている汚れや皮脂を取り除きます。

 

傷がつかないように優しく綿棒を使いましょう。滑りが悪いようでしたら、クリームを塗って滑りを良くします。終わったら、ぬるま湯で泡洗顔をして丁寧にすすぎましょう。毛穴が開いているようであれば、水で引き締めたり、洗顔後に氷や保冷剤を使って毛穴を引き締めます。

 

綿棒でできるいちご鼻のケアに使うオイルは、いつもスキンケアに使っているものがあれば、それで構いません。アルガンオイル、オリーブオイルなどのオイルです。

 

イチゴ鼻

オイルを使うことで、毛穴の中の皮脂がオイルに混ざって溶け出すので、毛穴の中がすっきりします。そのまま、オイルが詰まってしまわないように洗顔石鹸を使って、丁寧に洗い流しましょう。

 

綿棒を使えば、小さい毛穴に対して横からなど色んな方向からアプローチできるというメリットがあります。角栓が多く詰まっている人は、綿棒で押すと、角栓が飛び出してくるかも知れません。強くやり過ぎると、傷がついて炎症を起こしたり、シミの原因にもなりかねませんので優しく行いましょう。

 

女性は、乾燥肌で毛穴が硬くなっている場合が多いので、保湿は、毎日のケアの中でしっかり行うのがいちご鼻改善には欠かせません。

 

いちご鼻の解消法とは?

 

いちご鼻の解消法

いちご鼻って一度、なってしまうとなかなか元には戻りません。長い期間を要して徐々にいちご鼻になったのでしょうが、気が付いた時には簡単には治らないくっきりしたいちご鼻です。

 

いちご鼻になった原因は、皮脂の過剰分泌が主な原因になります。鼻は、皮脂が出やすい上に毛穴も他の部分より深いので、角栓がとても溜まりやすいのです。皮脂の過剰分泌が起こると、毛穴が開きっぱなしになるのですが、これがいちご鼻の大きな原因なんですね。

 

オイリー肌の人はもちろんのこと、乾燥肌の場合も、自己防衛のために肌が潤おうとして皮脂を過剰分泌してTゾーンだけがテカるのです。つまり、オイリー肌の人はオイリーにならないようにコントロールして、乾燥肌の人は乾燥しないようにスキンケアを行うというのがいちご鼻の解消法です。

 

結局、いちご鼻もシミもシワもくすみも、お肌を最適な状態に保てないから出るんです。しっとりと潤いがあって毛穴に汚れが詰まっていない人は、いちご鼻になりにくいのはもちろんのこと、シミだってシワだってできにくいのです。いちご鼻の解消法は、クレンジングや洗顔、保湿などのケアをしっかり行うことです。

 

乾燥肌の場合、毛穴の周囲が硬くなって引き締まらずにメイクや汚れが蓄積している状態です。毛穴の中をきれいに保つことと、保湿を心がければ、徐々にいちご鼻を解消できるでしょう。どうしても治らないという場合には、美容皮膚科を受診するのがおススメです。レーザー治療やケミカルピーリングなど、即効性のある治療法があるので、費用がかかってもすぐに解消したい方には良いでしょう。